日本ウーマンズヘルス学会
活動報告
トップページ学会プロフィール活動報告リンク会員のひろば

平成19年度
平成20年度

オープンスクール(研究方法論・統計編)開催のお知らせ

平成19年度〜20年度にまたがり開催予定の
日本ウーマンズヘルス学会オープンスクールの概要です。

開催概要:

今日、Evidence-Based Nursing(以下EBN)という言葉が
看護の現場で多く用いられています。

EBNとは、従前の「経験、直感に基づいた看護」から、
科学的根拠に基づいた看護」への転換です。

では、看護には直感や経験はいらないのでしょうか? 

いいえ。
むしろ、科学的な視点による情報収集や、知識の構築にもとづいた経験を基盤として、
臨機応変に判断する能力が求められていると言えましょう。

科学的にとらえて判断するのに不可欠なのが統計です。

しかし、このオープンスクールで勉強する統計は、
難解かつ複雑な数式を理解することを目指すものではありません。
理論ではなく、実践的な「道具としての統計」を学ぼうというものです。

「データの背後に潜む規則性なり法則性を見いだすか」
あるいは「疑問・課題を解決するには、どの様にデータを集め解析すれば良いのか」を
アンケート調査を例に取って進めていきたいと思います。

基本的な知識の習得に加えて、データの入力から解析までを
実際にPCで作業することが出来ることを目指したいと思います。

想定対象者:

Windowsの基本的な操作が出来るが統計解析は苦手だという、
基本的なデータ分析を行いたい方

平成19年度:
アンケートによって収集されたデータの入力から解析まで。
(平成20年度のダイジェスト版)

アンケート調査を例に、基本的解析から多変量解析の紹介。

たくさんある統計手法、どれを使ったらいいの?
統計手法を整理すると、適切な手法が見えてくる!?

多変量解析の考え方と適用例

平成20年度 第1回目:
データの具体化。―紙のデータをPCに―
調査に関する基礎知識

  調査デザイン
    ・誰を対象とするのか
    ・何を観測するのか
    ・どのように集めるのか

  質問文と選択肢の決定
データ入力の手順とその具体例

  コーディング

  記入漏れ、無回答など欠損値の処理
データ集計の具体例

  平均値、率の算出

  グループ別集計

平成20年度 第2回目:
データの集計・解析 わずか2ステップでデータが集計できる!?
統計手法の基本的考え
データタイプと研究の視点から見る統計手法の種類
データ解析の具体例

  基本統計量

  分割集計表(クロス集計)

  平均値の差の検定(t検定、分散分析)

  相関係数

  ノンパラメトリック

平成20年度 第3回目:
データ解析の具体例2
多変量解析の考え方とその具体例

  予測や判別をする(回帰分析、多重ロジスティック分析)

  データに潜む類似性を発見(因子分析・主因子分析)

< 日 程 >
平成19年度   : 平成20年 3月29日(土) 13:00 〜 16:00
  平成20年度 第1回 : 平成20年 5月10日(土) 13:00 〜 16:00
    第2回 : 平成20年 7月12日(土) 13:00 〜 16:00
    第3回 : 平成20年 10月4日(土) 13:00 〜 16:00

< 料金表 >
会 員 : 1回毎の受講料3000円、4回分一括払いでの受講料1万円
  非会員 : 1回毎の受講料4000円、4回分一括払いでの受講料1万4千円

< 場 所 >
東京女子医科大学 看護学部 [地図]

<申し込み先>
日本ウーマンズヘルス学会
〒162-8666
東京都新宿区河田町8-1 東京女子医科大学看護学部  村山より子
  TEL
FAX
E-mail
03-3353-8111(内線7030)
03-3357-4899
murayama@nurs.twmu.ac.jp


(C) 2017 japan Society of Woman's Health All Right Reserved.
murayama@nurs.twmu.ac.jp