日本ウーマンズヘルス学会
活動報告
トップページ学会プロフィール活動報告リンク会員のひろば

平成30年度
第17回 日本ウーマンズヘルス学会 学術集会
2018.6.13 ポスター、講演・シンポジウムテーマ掲載
2018.6.7 演題募集期間延長のお知らせ
2018.4.5 ごあいさつと研究発表演題募集のお知らせ追記

第17回 学術集会ポスター

※クリックでポスター画像が拡大します。

 ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
会員の皆様には日頃より、当学会の活動にご理解、ご支援をいただき厚く御礼申し上げます。

 日本ウーマンズヘルス学会が発足いたしまして、おかげさまで17年目を迎えることになりました。第17回の学術集会は平成30年8月4日(土)リーガロイヤルホテル東京で開催いたします。

 今回はメインテーマを『女性の健康支援と倫理』とし、女性の健康を考える機会にしたいと存じます。
開催に伴い、下記のように研究発表演題を募集いたします。

是非、ご興味のある方々にご案内頂き、多くの方々にご参加頂きたくお願い申し上げます。

日  程 : 平成30年8月4日(土)
場  所 : リーガロイヤルホテル東京 [地図]
東京都新宿区戸塚町1-104-19
TEL :03−5285−1121
学術集会長: 鈴木祐子
(東京医科大学医学部看護学科)
メインテーマ: 『女性の健康支援と倫理』
プログラム: 9:30〜
受付開始

10:00〜11:30
特別講演
テーマ『 大きく変わりつつある“女の一生”
−科学と倫理のはざまで
演者:香山リカ(精神科医・立教大学現代心理学部教授)

11:45〜12:15
第17回 日本ウーマンズヘルス学会総会

13:30〜14:40
研究発表:ポスターセッション

15:00〜17:30
シンポジウム
『女性の健康支援を倫理的側面から考える』
1. テーマ
「女性の各ライフステージにおける健康問題と生命倫理」
演者:伊吹友秀(東京理科大学理工学部講師)
2. テーマ
「周産期領域における倫理的課題−助産師の立場から−」
演者:喜多里己(日本赤十字看護大学准教授)
3. テーマ
「性教育は人権教育」
演者:北沢杏子(アーニ出版共同代表・「性を語る会」代表)
4. テーマ
「セックスワークの合法化とジェンダー秩序」
演者:小澤かおる(首都大学東京人文科学研究科客員研究員)

18:00〜20:00
日本ウーマンズヘルス学会懇親会

<第17回学術集会事務局>
東京医科大学医学部看護学科内
第17回日本ウーマンズヘルス学会事務局

E-mail 2018whs17@gmail.com

学会参加費 および懇親会参加費
学術集会にご参加希望の方は、事前にお振り込みしていただけると幸いです。
下記のいずれかの方法にて参加費を納入下さいますようお願い申し上げます。

事前申込みを第17回学術集会事務局(E-mail:2018whs17@gmail.com)までご連絡ください。

事前申込み(参加費の振込)締め切り:
平成30(2018)年 7月15日
※事前受付をされた方には学術集会誌を郵送いたします。
※学術集会当日は払込みの控えをご持参ください。


【学術集会参加費】
会員 非会員 学生会員
学術集会参加費 : 6,000円 7,000円 1,000円(院生除く)
懇親会参加費 : 8,000円(一律)


【お振り込み先】
・郵便払込み
  口座番号 00150-1-19776
  口座名称 日本ウーマンズヘルス学会

・銀行振り込み
  みずほ銀行 八千代緑が丘支店
  普通預金 口座番号 1112736
  日本ウーマンズヘルス学会

以降、詳細内容は決定次第 追って当ページにてご案内申し上げます。

第17回学術集会研究発表演題募集 のお知らせ
2018.6.7 演題募集期間延長のお知らせ
抄録締め切りを延長し6月20日(水)といたします。
1) 発表形式
・ポスターによる研究発表
 (ポスターの大きさ 横90cm×縦130cm
2) 抄録締め切り
平成30(2018)年 6月20日(水)17時必着
※今年度の募集は終了いたしました。
抄録は、A4用紙で図表も含め2枚以内で作成し、事務局宛にメールにてご提出ください。
例:【目的】【方法】【結果】【考察】【結論】
発表者は共同研究者を含め、会員のみとなりますので、事前に入会の手続きと会費の振込みをお願いいたします。
入会していない方は事前に入会の手続きをお願いいたします。
入会申し込み書はこちらから

<抄録の問い合わせ、原稿送付先>
〒152-0011
東京都目黒区原町1-15-14
協和印刷工業株式会社内
日本ウーマンズヘルス学会事務局
山谷 保

FAX   03-3794-3604
E-mail mail@kyouwainsatu.jp



(C) 2017 japan Society of Woman's Health All Right Reserved.
murayama@nurs.twmu.ac.jp