日本ウーマンズヘルス学会
活動報告
トップページ学会プロフィール活動報告リンク会員のひろば

平成21年度
第8回 日本ウーマンズヘルス学会 学術集会

  ※当イベントは終了いたしました。 2009.7.18 開催

今年度の第8回日本ウーマンズヘルス学会学術集会は
平成21年7月18日(土)に、『知ろう、考えよう女性のからだ』と題しまして、
学術集会、懇親会共にリーガロイヤルホテル東京にて開催いたします。
皆様どうぞご期待下さい。


日  程 : 平成21年7月18日(土) 13:00〜18:20
場  所 : リーガロイヤルホテル東京 [地図]
(東京都新宿区戸塚町1-104-19)
メインテーマ: 知ろう、考えよう、女性のからだ
プログラム : 総合司会:小川久貴子(東京女子医科大学看護学部)

12:00〜    受付開始

12:25〜12:30
オリエンテーション:小川久貴子(東京女子医科大学看護学部)

12:30〜12:55
第8回 日本ウーマンズヘルス学会総会
理事長挨拶:久米美代子(東京女子医科大学看護学部)
事務局報告:村山より子(東京女子医科大学看護学部)
会計報告 :高木美弥子(東京女子医科大学八千代医療センター)

13:00〜18:20
第8回 日本ウーマンズヘルス学会学術集会

13:00〜14:50 研究発表
【口演1〜5】 座長:鈴木祐子(目白大学看護学部)
13:00〜13:10
1.情緒的不安定に陥りやすい産婦に対する助産ケアの一考察
   ― アギュララとメズィックの危機理論を用いた
     均衡回復のための介入 ―

  ○増田智里、原田通予
13:10〜13:20
2.回旋異常時に必要とされる助産ケアの一考察
   ― 外国人産婦と助産学生の不安に焦点をあてて ―

  ○花田友理、原田通予
13:20〜13:30
3.第2子妊娠期における母親の身体的・精神的負担
   ― 2歳未満の子どもを持つ母親の体験から ―

  ○光冨安揮子、原田通予、久米美代子
13:30〜13:40
4.会陰切開は女性に有益か?
  A critical review of the literature

  ○黒岩美幸
13:40〜13:50
5.病院勤務助産師の考える
  バースプランへの効果的なかかわり

  ○小川恵美子、村山より子、久米美代子
【口演6〜10】 座長:野口真貴子(東京女子医科大学看護学部)
13:50〜14:00
6.月経の経験と月経観の変化
  ○甲斐村美智子
14:00〜14:10
7.立会い出産を通して変化する夫の気持ち
  ○三上里枝子、村山より子、久米美代子
14:10〜14:20
8.子どもをもつHIV陽性者の保健行動に関する認識
  ○大金美和、久米美代子
14:20〜14:30
9.新生児期の子育てで困った場面における母親の体験
  ○遠藤 晶、野口真貴子、久米美代子
14:30〜15:40
10.女性を対象にした
   精神的健康質問表(WMHI)の妥当性の検討

   ○後藤恭一

12:00〜16:30 ポスターセッション
1.イギリス、アメリカ、オランダの
  助産師活動の特徴から日本の助産に向けて

  ○吉田結希子、野口真貴子

2.子育て支援「カルガモの会」の
  託児ボランティア体験からの学生の学び

  ○正岡経子、吉田真奈美、丸山知子

3.子育て中の専業主婦が看護学生に
  子育て体験の語りを通して抱いた思い

  ○吉田真奈美、正岡経子、丸山知子

4.DVを経験した女性の健康問題と
  それに携わる医療スタッフの現状
   ― 文献検討 ―

  ○黒岩美幸

5.What are the psychological consequences of
  the operative obstetric interventions of
  caesarean surgery and instrumental intervention
  in vaginal delivery?
  What evidence about these is available in Japan?

  ○Miyuki KUROIWA

6.日本では、一般的な精神病の評価・診断
  および治療においてどのような性差があるか?

  ○村山より子

7.産後うつ病の慣例的な検査の
  危険性と受益性についての文献的考察

  ○久米美代子

14:50〜15:00 休憩

15:00〜16:10 市民参加講演
「35歳からのおめでたスタンバイ」

演者:大葉ナナコ(バースセンス研究所所長)
座長:久米美代子(東京女子医科大学看護学部教授)

16:10〜16:20 休憩

16:20〜18:20 シンポジウム
「安全、安心なお産へのとりくみ」

シンポジスト:
 川名 尚(帝京平成看護短期大学学長)
 福井トシ子(杏林大学医学部付属病院看護部長)
 柳澤初美(バースあおば院長)
 山口道子(厚生労働省 雇用均等・児童家庭局・母子保健課主査)

座  長:
 刀根洋子(目白大学看護学部教授)
 野口真貴子(東京女子医科大学講師)

18:45〜20:45
日本ウーマンズヘルス学会懇親会

 参 加 費 : ≪会 員≫ 3,000円
≪非会員≫ 5,000円
≪学 生≫ 1,000円(大学院生除く)
≪市民参加公開講演のみ≫ 2,000円


 以降、詳細内容は決定次第 追って当ページにてご案内申し上げます。
 参加希望者は事前申込みを事務局までご連絡ください。

大 会 長 久米美代子
大会事務局 村山より子
住 所: 新宿区河田町8−1
FAX: 03-3357-4898
E-mail: murayama@nurs.twmu.ac.jp




(C) 2017 japan Society of Woman's Health All Right Reserved.
murayama@nurs.twmu.ac.jp