日本ウーマンズヘルス学会
活動報告
トップページ学会プロフィール活動報告リンク会員のひろば

平成22年度
第9回 日本ウーマンズヘルス学会 学術集会

  ※当イベントは終了いたしました。 2010.7.10 開催

今年度の第9回日本ウーマンズヘルス学会学術集会は
平成22年7月10日(土)に、『なぜ女性の健康促進なのか?』と題しまして、
学術集会、懇親会共にリーガロイヤルホテル東京にて開催いたします。
皆様どうぞご期待下さい。


日  程 : 平成22年7月10日(土) 11:00〜18:00
場  所 : リーガロイヤルホテル東京 [地図]
(東京都新宿区戸塚町1-104-19)
大 会 長 : 久米美代子(東京女子医科大学 教授)
メインテーマ: なぜ女性の健康促進なのか?
プログラム : 1.総   会    11:00〜11:20

2.シンポジウム 11:30〜13:00
  テーマ:「なぜ、今、大学院で学ぶのか?」


3.研究発表   13:15〜15:45

4.特別講演   16:00〜18:00
1) 演題: 「女性の健康促進」
演者: 堀口 文(メルボルン大学教授)
座長: 久米美代子(東京女子医科大学教授)
2) 演題: 「周産期のメンタルヘルス」
演者: 岡野禎治(三重大学教授)
座長: 刀根洋子(目白大学教授)

5.懇親会  18:30〜20:30(リーガロイヤルホテル東京に於)

 参 加 費 : ≪会 員≫ 3,000円
≪非会員≫ 5,000円
≪学 生≫ 1,000円(大学院生除く)
≪懇親会費≫ 7,000円


 以降、詳細内容は決定次第 追って当ページにてご案内申し上げます。
 参加希望者は事前申込みを事務局までご連絡ください。

大会事務局 村山より子
東京女子医科大学 看護学部
住 所: 新宿区河田町8−1
FAX: 03-3357-4899
E-mail: murayama@nurs.twmu.ac.jp

第9回 日本ウーマンズヘルス学会学術集会 一般演題募集
応募資格
日本ウーマンズヘルス学会会員にかぎる
入会申し込み書はこちらから

発表形式
1) 口演
発表時間7分、質疑応答3分の合計10分です。

・発表時に使用できる発表の資料はPCのみです。
OHP等は使用できません。PCは事務局で用意いたします。

・アプリケーションはMicrosoft Office PowerPointのみを使用します。
それ以外で作成された資料は受付出来ませんので、予めご了承ください。
また、音声・動画については再生できません。

・資料はUSBフラッシュメモリーでご持参ください。
その他のメディアは受付致しかねます。

・研究発表者は発表時に使用するUSBを当日AM11:30までに受付に提出してください。

・持参して頂いた資料(PowerPointファイル)は、
事務局が事務局用PCに複製して発表の際に用います。
複製した資料は本学会終了後、事務局で削除しますので、予めご了承下さい。

・発表時のPowerPointの操作につきましては研究発表者ご自身で操作してください。

・資料を配布される研究発表者は事務局にご連絡ください。
なお、資料につきましては研究発表者がご用意ください。

・ご不明な点がございましたら、事務局までお問い合わせください。


2) 示説(ポスターセッション)
大きさは自由です。
掲示時間、待機時間、発表時間などの詳細については、
後日発表者の方にご連絡させていただきます。



抄録提出について
1) 抄録締め切り:6月4日(金)
抄録を2部(発表者・共同研究者名、所属などを記入したものとタイトルだけのもの)と抄録を保存したCD-ROMを同封してください。

2) 抄録作成方法
・Microsoft Wordで作成・保存してください。
・原稿はA4判横書き、1ページに35字×36行とし、図表を含め2枚以内とします。
・タイトル、発表者名、共同研究者名、所属、連絡先を明記してください。

<抄録の問い合わせ、原稿送付先>
〒162-8666
東京都新宿区河田町8-1
東京女子医科大学看護学部 久米研究室
日本ウーマンズヘルス学会事務局
小川久貴子

E-mail ogawa@nurs.twmu.ac.jp
※事務局メールアドレス(murayama@nurs.twmu.ac.jp)と異なりますのでご注意ください。




(C) 2017 japan Society of Woman's Health All Right Reserved.
murayama@nurs.twmu.ac.jp